ローカーボとローファット~両者のメリット・デメリット

☆ローカーボのメリットとデメリット☆

身体のエネルギーも元となっているC= Carbohydrate = 炭水化物(糖質)を減らすことで、たりなくなったエネルギーの代わりとして脂肪を分解して糖を作る。
つまり、炭水化物(糖質)の摂取を制限することで脂肪を代わりのエネルギーの主要素として消費させることができるというロジックです。

ローカーボダイエットのメリット

空腹を感じにくい

ローカーボの場合はその性質上、タンパク質をかなり多めにとることになるため食事量が物足りず空腹感におそわれるということが少ないです。
また血糖値の乱高下が起こりにくい食材を中心に摂取することになります。空腹感の原因の一端として血糖値が下がることにより、脳が空腹を感じる指令を出すのですがこれがほぼなくなります。

実際、僕もやっているときは常にお腹一杯かこなれている感じでいたためお腹が減るというストレスはほぼ皆無でした。

副産物として血糖値の乱高下による食後の睡魔もなくなるため、仕事の作業効率もあがりました。

脂質が食べられる

糖質を制限する代わりに脂質を食べることができるのがローカーボの大きなメリットの一つとなります。

主な食材としては

肉、魚、卵、チーズ、マヨネーズ

など、一世代前のダイエットでは厳禁とされていたものを食べられるというのは嬉しいですよね。

すばやい体重減少効果が得られる

糖質制限を始めると、炭水化物と一緒に蓄えられていた水分がまず身体から抜けるため、短期間で体重が落ちます。
また、その後もエネルギー効率の悪い脂肪を燃やしてエネルギーとするためローファットと比べると体重減少スピードが速いです。

ローカーボダイエットのデメリット

気をつけないとエネルギー不足になる

今まで炭水化物から摂取していたカロリーをタンパク質や脂質から補おうとすると想像以上にたくさん食べないといけないという状況になりがちです。
特に脳は糖質を主なエネルギー源としているため、不足すると集中力がなくなるなどの弊害があります。

筋肉が落ちてしまう

糖質が身体に入ってこないと、体はエネルギー源を確保するために、まず脂肪を分解します。
それでも足りない場合には筋肉を分解してエネルギーを生成するため筋肉量が落ちてしまいます。

ごはんが食べられない、食費がかさむ

ごはん好きにはとても辛いかと思います。
そしてごはんで摂取していた分のカロリーを肉や魚、卵やチーズ、油などから補うことになりますが、米やパスタなどの炭水化物と違って割高になります。
なので食費の増加が大きな問題となってきます。

ケトン臭が気になる

身体が脂肪をエネルギーのメインとして使うような状態になることをケトーシス体質、もしくはケトーシスと呼びます。
この状態になるとエネルギー源であるケトン体を産み出すために体脂肪を分解し、ケトン体を生成します。

このケトン体が増えると人によってケトン臭と呼ばれる肉食動物独特の臭いを発することがあります。
この臭いはグルタミンなどのサプリメントを摂ることによって軽減されるので、ケトン臭が気になった時には同時に摂取すると良いでしょう。

☆ローファットダイエットのメリットとデメリット☆

F= FAT= 脂質を制限することで1gあたり9kcalもある脂質の総摂取量を調整することにより一日の摂取カロリーを減らし、ダイエットの原理原則である

メンテナンスカロリー(消費カロリー)>摂取カロリー

この構図を作りやすくするというのがローファットダイエットになります。

ローファットダイエットのメリット

筋肉が落ちにくい

炭水化物をある程度摂取していいダイエットとなるため身体が糖質不足になり筋肉からエネルギーを生成する必要がなくなるため筋肉をつけながら、もしくは維持しながらダイエットしたいという人にはオススメです。

無理なく続けられる、ごはんも食べられる

ローカーボダイエットのように炭水化物を極力避けるようなダイエットではなく一日の摂取カロリーの中ではある程度好きなものを食べられるため、食事にバリエーションがつけやすくなります。
ただし、脂質は避けるため揚げ物などは控えましょう。

チートデイを取り入れることができる

食事制限を続けていると体重が落ちにくくなる停滞期がきますがそれをチートデイを取り入れることにより停滞期を脱出することができます。
このチートデイは簡単に言えばダイエット中にもかかわらず好きなものを食べていい日となります。

これにより食事制限のストレスをやや緩和することが可能となりチートデイのために普段がんばる!といった思考をもつことによりモチベーションコントロールができます。

ローファットダイエットのデメリット

空腹感との戦いが必要

ローファットダイエットと違い目標によって一日の摂取カロリーを制限する必要があり、また炭水化物を中心とした食事内容になるため血糖値の上下が起こりやすくなり、空腹感に苛まれます。
野菜や海草、こんにゃく、ローカロリー食品をうまく使って空腹感と戦う必要があります。

短期間で効果が現れにくい

メンテナンスカロリー(消費カロリー)>摂取カロリーの図式かつ基礎代謝 > 摂取カロリーを満たす必要があるため極端な食事制限ができないため短期間で効果が見えないダイエットになります。
脂肪1kg=約7200kcal なので一日300kcalのマイナスカロリーを作ったとしても1kg痩せるためには約1ヶ月要します。

ホルモンの分泌量が下がる

脂質はホルモンを作る材料となるため脂質を必要以上に減らしてしまうとホルモンの生成に影響がでてしまいます。
テストステロンといわれるいわゆる男性ホルモンが低下してしまい、その影響としては自律神経のバランスを保つことや筋肉の増強をはかることに使用されます。

☆まとめ☆

ローカーボ、ローファットどちらもメリットデメリットがありますが、目的や自分にあっているものをチョイスして無理ないダイエットをしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です